夏の全国高校野球甲子園2008 くちこみ情報サイトマップ

夏の全国高校野球甲子園2008 くちこみ情報 概要

高校野球 関連動画

高校野球について
高校野球(こうこうやきゅう)とは、日本における高等学校、中等教育学校の後期課程の生徒、高等専門学校の第1学年から第3学年の学生が行う野球大会のことを言います。戦後の学制改革を経て継続しているため、旧学制による中等学校野球も一般的にはこれに含まれています。(同様に旧学制による高等学校野球とは異なります。)

高校野球は上は難関校から下は底辺校に至るまでの約4500校による戦いです。なお全国大会に出た高校は不祥事、幻の甲子園、さらには1941年の夏の大会を含めて約1000校しかありません。

主催者は、日本高等学校野球連盟(高野連)と新聞社(春の選抜高等学校野球大会には毎日新聞社が、夏の全国高等学校野球選手権大会には朝日新聞社)が行っています。

明治神宮野球大会 (神宮大会) 出場校数10
毎年11月に開催される。秋季地区大会で優勝した10チームによるトーナメント大会で新チーム最初の全国大会です。出場校は実質上、翌年のセンバツの内定を得たチームばかりなので、センバツの前哨戦としての意味合いを持ちます。優勝校所属地区は翌年のセンバツの出場枠を1つ多く獲得できる特典があります(明治神宮枠)。尚、2007年の第37回大会では決勝進出の両地区に翌2008年のセンバツ出場枠が与えられることが発表されました。

選抜高等学校野球大会 (春の甲子園、センバツ) 出場校数32(記念大会では34あるいは36)
毎年3月下旬から4月上旬にかけて開催されます。秋季地区大会の成績などを参考に選抜された一般選考28校、特別選考の21世紀枠2校、希望枠1 校、明治神宮枠1校の計32校で行われるトーナメント大会です(明治神宮枠は獲得地区の一般枠を増枠する形となる)。地区大会の成績や選考次第では同一府県から2校以上の出場がかなう場合もあります。優勝校には大紫紺旗が贈られます。尚、2008年の第80回記念大会は一般選考30校、21世紀枠3校、希望枠1校、明治神宮枠2校の計36校で争われました。

全国高等学校野球選手権大会 (夏の甲子園、選手権) 出場校数49(記念大会では55)
毎年8月に開催されます。各府県1校ずつ、北海道は南北海道・北北海道の2校、東京都は東東京・西東京の2校の合計49校によるトーナメント大会です。 6月中旬から7月下旬にかけて行われる地方大会を勝ちあがった学校が出場できます。ときに社会現象となるほどの盛り上がりを見せる学生スポーツ最大の大会です。優勝校には大深紅旗が贈られます。尚、2008年の第90回記念大会は埼玉、千葉、神奈川、愛知、大阪、兵庫の各府県から2校づつ代表校が決定され、計55校で争われます。

国民体育大会 (国体)出場校数12
毎年10月に開催される。選手権で成績上位の高校から選考された11校と開催地枠の1校によるトーナメント大会です、シーズン最後の全国大会となります。日程の余裕がないため、雨天中止が続いた場合にはダブルヘッダーの実施や同時優勝になることもあります。近年は国体の目玉種目となっており、2006年ののじぎく兵庫国体では会場の高砂市野球場に徹夜組が並び、2007年の秋田わか杉国体では会場のこまちスタジアムに高校野球としては球場史上最多の2万4000人が詰めかけました。公開競技であるため成績は天皇杯に加味されません。

甲子園練習
春と夏の全国大会の開幕の前に、出場が決まった全代表チームの阪神甲子園球場での事前練習(通称:甲子園練習)が行われます。これは大会までに甲子園のグラウンドの雰囲気を事前に確かめるという目的があり、大会開幕の概ね1週間前から順次行われます。1チームの割り当ては概ね30~50分程度。なお、夏の大会についてはプロ野球・阪神タイガースの公式戦との日程調整の関係で午前中だけの開催となる場合があります。

WIKIPEDIAより抜粋)

夏の全国高校野球甲子園2008 くちこみ情報 について

地方大会が開催されるまでの間は昨年度の情報が多く掲載されています。
ネット上のRSS情報をキーワードによって分類し情報を集めています。最新の情報を得る為すべて自動的に情報を収集していますので、一部不適当な内容や似通ったキーワードの情報が掲載されることがありますのでご了承ください。ブログやニュースから、得られる経験談や情報はきっとお役に立てると思います。

ページ上部にある地区リストから地区名をクリックして、その地区に関係するくちこみ情報をご覧ください。